フリーペーパーの求人広告は効果があるのか?

近年の仕事探しはネットが当たり前で、フリーペーパーはどんどん廃止に追いやられています。

実際に一番知名度を持つタウンワークですら、ネットでの応募が半分を超えており、フリーペーパーの価値がどんどん無くなっているのは確かでしょう。

では、本当にフリーペーパーは効果がないのでしょうか。

求人広告の代理店しか知らないリアルな部分を解説していきます。

フリーペーパーからの応募もある

タウンワークに掲載する多くの企業はフリーペーパーにも一定数の価値があると考えて掲載しています。

確かに、ネットからの応募が多くなっているのは確かですが、フリーペーパーを見て応募をしてきたという人も存在します。

なんだったら、そちらから応募してきた人の方が質が高く、採用につながる率も高くなっています。

どうしてフリーペーパーの採用率が高いのか?

考えてみれば当たり前ですが、フリーペーパーで応募をするという事は、駅やコンビニに雑誌を取りにいき、わざわざ電話をして応募してくれています。

ネットではボタンを押すだけですが、フリーペーパーには作業が多く、その面倒な事をしてまで応募をしてくれるという事は、必然と求職者の本気度が高いものへとなります。

もちろん、年齢層が高い事も質が良い事に関連しているでしょうが、作業数をあえて増やす事で、応募者の質を高められるのは事実です。

もちろん、応募数は減りますが無意味な面接が減ると考えると、十分にメリットはあると思います。

フリーペーパーだけしか見ない人もいる

フリーペーパーに掲載する最大のメリットはフリーペーパーしか見ない人にもアプローチできる事です。

絶対数は少ないですが、フリーペーパーしか見ない人も存在します。

これらからの時代は、急激に少なくなっていくでしょうが、仕事探し=フリーペーパーという人も一定数いる事を忘れてはいけません。

年齢層高めのブルーカラー狙いならフリーペーパーも有効

だからといって、どんなターゲットにもフリーパーパーを活用するのは広告予算の無駄遣いです。

年齢層が高めでブルーカラーの採用をしたいのであれば、フリーペーパーも活用しましょう。

ただ、あくまでも補助的な役割です。

タウンワークを掲載すればネットもついてきますが、記載できる情報量に制限があるので、しっかりと情報を記載できる媒体と併せて利用する事をお勧めします。