一人っきりの孤独な転職活動は終わり!転職活動はアドバイザーを付けるのが一般的になってくるのか?

新卒の就活では高校の先生や大学の教員、支援室のスタッフなど、様々な人が多方面からアドバイスとしてくれたと思います。

それに比べて転職活動は孤独で、すべて自分でしなければなりません。

だからと言って、人材紹介会社の転職支援サービスは、紹介会社の意向が大きく少しでも紹介料の良い会社ばかり進めてきます。

そこで、最近話題となっているのが有料の転職サポートサービスです。

人材紹介会社とは異なり、お金がかかる分、紹介会社の意向などは一切入らず、最善の転職となるようサポートしてくれるサービスがあるのです。

しかし、サポートと言っても「どこまで何をしてくれるの?」と疑問に思う人もいる事でしょう。

そこで、今回は有料の転職サポートがどのような物なのかご紹介していきます。

最大のメリットはプロによるアドバイス

皆さんは人事の気持ちを考えた事がありますか?

人事と言うのは人の採用を通じて利益を発生させるお仕事です。

つまり、利益を生んでくれそうな人を採用しなければ、人事としての立場が無いわけです。

なので、慎重になりますし、時には厳しい結果にもなります。

そういった、人事の最前線で活躍されてきた人もアドバイザーの中に沢山います。

今までは、考えてもいなかったような視点から見ていると言う事も分かります。

カウンセリングを受けるだけでも価値があると個人的には思います。

どんな事を受けられるの?

プランやサポート会社によっても異なりますが、基本的には以下の4つのサービスが受けられます。

・カウンセリング

・プランニング

・アウトプット&トレーニング

・フィードバック

これだけでは、何のことか分からないと思いますので一つずつ詳しく説明していきます。

カウンセリングとは?

カウンセリングでは、自己分析や悩みの洗い出しなどを行っていきます。

これまで、何人もの面談をしてきたプロのカウンセラーがあなたに質問を繰り返し、現在の状況を把握していきます。

多くの人は、自分の事を分かっているようで、分かっていません。

特に客観的に見た自分を全く分かっていないので、カウンセリングを受ける事で、そういった部分を埋めてくれます。

もちろん、人材紹介会社と違い、支援会社に何かの意向があるわけではないので、しっかりあなたの意見も尊重してくれます。

どちらかと言うと、あなたの意見を聞いてそれをもとに分析を行い、今後の転職活動に役立てると言った方がいいと思います。

プランニングとは?

プランニングでは、カウンセリング結果をもとにどのような行動を取るべきか、明確にプランにしていきます。

例えば、どのような企業・業種を受けるというのも、ここで話し合い決めていきます。

希望と現実を理解し、あなたにとって最善の方法を模索していきます。

また、希望に対して、現状足りない部分があれば、そういったものも洗い出していきます。

そして、その足りない部分をどうやって埋めていくかも明確にしていきますのでご安心ください。

アウトプット&トレーニング

アウトプット&トレーニングでは履歴書・職務経歴書を書いたり、面接練習を行っていきます。

プロに喜ばれる履歴書・職務経歴書というものも存在します。

そういった部分で書類選考の通過率を上げて、更に面接練習でも見られる部分を徹底的に練習していきます。

実は、転職時の面接は新卒の面接とは少し違った雰囲気があり、もちろん見られる部分も異なります。

学生感覚で面接に臨んでも多くの人は失敗に終わってしまいます。

そういった部分もしっかりと練習を行っていきます。

もちろん、大手企業であれば過去の選考データがありますので、それをもとに対策も行っていきます。

採用される可能性を少しでも上げるためですので、少々厳しいかもしれませんがそこは我慢が必要です。

フィードバック

面接の振り返りから今後の改善策はもちろん、内定時の相談も行っています。

まず、面接の振り返りですが、二次、最終とまだまだ面接は続きます。

そういった面接でどう対応すればいいのか、今回の失敗は何だったのかを徹底的に振り返り、同じ失敗を繰り返さない対策をしていきます。

また、めでたく内定をいただいた際には、今後のキャリアプランについての相談も行っています。

例えば、複数社から内定をいただいた場合の最善の選択アドバイスなども行っております。

今後の人生が明るく、いいものになるよう最大限のサポートを行っています。

人材紹介会社との違いは?

人材紹介会社の行う転職支援の違いは、マネタイズの手段です。

人材紹介会社の場合は、紹介を行い、成立した場合、紹介先の企業から紹介料と言う形でお金を貰います。

なので、サポートを受ける側は一切お金が発生しないのです。

それに比べて、今回ご紹介しました転職支援では、転職者からお金を貰います。

なので、無理にお勧めできないような企業を紹介する事はありません。

また、サポート業務だけに集中できる事からアドバイザーの質も確保できます。

もちろん、人材紹介会社がダメと言うわけではありませんが、サポート受けたいのであれば、有料支援を選ぶべきだと思います。

どのサービスがいいのか?

転職支援サービスと言っても、様々なサービスが存在します。

と言う事で筆者がお勧めのサービスを1つご紹介します。

WEB転職トレーニング【パーソナル・クライム】

こちらのサービスは完全オンラインでカウンセリング~フィードバックまでを受けられます。

月額制と言う事もあり、自分に合わないと思えば1ヵ月で止める事も可能です。

決して安い金額ではありませんが、高い分、それだけ質の良いサービスが受けられます。

お金が無い場合は?

転職支援にお金はかければ位という人は、人材紹介会社を使うべきです。

こちらであれば、無料で最低限の支援をしてくれますし、応募先の企業も紹介してくれます。

ただ、人材紹介会社にも使っていい会社と、そうでない会社があります。

それが何かというと、保有している案件数です。

案件が少ない会社では、中々希望の仕事が見つかりません。

最悪の場合、希望もしていないような会社を受けさせられる場合もあります。

それに比べて、案件数が多い会社は比較的、希望通りの職種を選べます。

では、どの人材紹介会社ならいいのでしょうか。

ずばり、大手人材紹介会社です。

・リクルートキャリア

・マイナビエージェント

・dodaエージェントサービス

上記の大手人材紹介会社であれば、多くの求人を扱っているので、希望も通りやすいでしょう。

特化型という人材紹介会社もありますが、あくまでも特化しているだけであり、特別な求人があるかと言うと、ほとんどありません。

面倒なやり取りが増えるだけなので、大手3社のうち好きな2社を選んで登録しておけば問題ないと思います。