コロナウイルス終息後はテレワークになるのか?

コロナウイルスの影響により、多くの企業でテレワークが実施されています。

これまでも、テレワークを推進していこうという動きはあったものの、実際行っている企業は本の一握りでした。

それが、今回強制的に推し進められたことでテレワークに否定的だった企業も導入に踏み切りました。

そして、実際にやってみた「良さ」・「悪さ」が分かり、企業としては、続けるのか、廃止するのかの判断が求められます。

今回は、コロナウイルス終息後の働き方について考えてみました。

長期化すれば半分以上の企業が継続する

コロナウイルスによる外出自粛が長期化すればするほど、テレワークの継続率は高くなると考えています。

理由は、テレワークによるノウハウが蓄積されるからです。

現在、テレワークを実施している企業のほとんどは、テレワークであっても十分に回っています。

「それは、仕事量が減っているから」との声もありますが、慣れない環境だから遅いのであって、テレワークだから遅いわけではありません。

誰だって、初めての体験をする事は、遅くなってしまったり、失敗する事はあると思います。

テレワークも同じで、初めての体験なので戸惑っているだけであり、これが慣れてくれば、通常の業務量であっても十分に回ります。

また、現在はテレワークによる、ノウハウがありませんが、様々な問題が発生する事で、今後はノウハウが蓄積されていく事でしょう。

以上の事から、長期化すればするほど、テレワークの継続率が高くなると予想しています。

しかし、1ヵ月程度で自粛ムードが終われば、間違いなくこれまでの働き方に戻る企業が大多数になるでしょう。

テレワークが実施できていない企業はどうなるのか?

オフィスワークがメインであるにも関わらず、テレワークが実施出来ていない企業はどうなっていくのでしょうか。

こちらも、長期化すればするほど、今後の採用が難しくなっていきます。

世間は自宅やカフェ、サテライトオフィスなどでの仕事が当たり前になっているにも関わらず、自社だけ今まで通り出勤しなければならないので、採用活動において不利になる事は明確です。

更に言うと、既存の社員の定着率も段々と悪化していく事でしょう。

なので、せっかくのチャンスなので、ぜひこの機会にテレワークを実施してください。

正直、業務量が少なくなっている今しかチャンスはありません。

経営が厳しい状態ではありますが、成長できるか衰退していくかの分かれ目は今です。

今後も事業を続けていくのであれば、テレワークによるテストを実施するしかないです。

テレワークにはどんな良い事があるのか?

テレワークによるメリットは作業効率が上がると言う事です。

「サボる人がいるのでは?」と言う不安もありますが、様々な企業が実験をした結果、会社に出勤した場合と大して変化はありませんでした。

むしろ、サボる人が浮き彫りになり、改善点が見つけやすいというメリットまで存在しました。

詳しい内容については別の記事にまとめていますのでご覧ください。

優秀な人が全国から集められる

テレワークにするもう一つのメリットが、優秀な人を全国から集められる事です。

現在は東京に人口が集中している事から、東京にオフィスを構える企業が多いですが、優秀な人は地方にも住んでいます。

そういった人材を獲得するためには、支社を大量に作るか、テレワークしかありません。

現実的に考えて、支社を大量に作るのは固定費の観点からあり得ないと思います。

なので、テレワークを導入して、地方に住む優秀な人を集めるのです。

家族の都合で、地方に住まざる得ない人は沢山いるので、思ってもいなかった人材に出会える可能性は十分にあると思います。

小さなオフィスで十分

テレワークにする最後のメリットはオフィスが必要ないと言う事です。

と言っても、完全に無くすのは難しいと思いますので、必要最低限の小さなオフィスで十分になります。

小さなオフィスであれば、東京の一等地に借りる事が出来る企業も多くなり、住所によるブランド力も上げられます。

月に1回程度、集まるのであれば、オフィスである必要は無いので、本当に必要最低限で大丈夫です。

中小企業であれば、マンションの一室でも良いかもしれませんね。

と言うか、社長の自宅をオフィスにして、基本はテレワークをしている企業もあるようなので、それなら家賃ゼロも可能ですね。

最後に

コロナウイルスによる自粛要請は現段階では、いつまで続くか分かりません。

なので、思った以上に早く終われば、世間はこれまで通りの働き方に戻っていくでしょう。

しかし、それでは次に同じような事があった場合、また一から対応しなければなりません。

だったら、テレワークを今から実施して、ノウハウを集めておいた方が今後の為にもなると思います。

と言うより、半分以上の可能性で長期戦になるので、テレワークを始めるなら早めに開始した方が間違いなくお得です。

売上がゼロであれば、休業でも仕方が無いのですが、少しでもあるなら週1日でもテレワークを実施する事をオススメします。