仕事中にBGMを聴くと生産性が大きく下がる

仕事中にBGMやラジオを流している会社って結構ありますよね。

静かすぎる環境では落ち着かないので、積極的にBGMを流す会社もありますが生産性の面だけで言うとかなり落ちてしまいます。

どうして、BGMで生産性が落ちるのかと言うと、いわゆるマルチタスクと同じような状況になるからです。

脳が複数の事を同時に処理をするため、負担がかかり、集中力が低下しています。

そうなると、仕事に対して100%の力を出せずに、生産性を落としてしまうというのです。

しかし、BGMが無ければ落ち着かないという人もいるでしょう。

そこで今回は、会社で流すべきBGMをご紹介します。

カフェの雑音を流す

静かすぎる状況を改善したいのであれば、カフェなどで収録をした雑音を流すのが一番です。

人の話声、食器の音、小さなBGMなど、気にならない程度に音が入ってくるので集中力の分散防止になります。

ただし、あまりにも話声が大きすぎるものはNGです。

また、音量にも気を付けなければなりません。

あくまでも、環境音として意識をして聞かなければ流れているか分からない程度が理想です。

ちなみに、音源はYouTubeで手に入ります。

会社で使う場合は著作権をクリアにしないといけないので、勝手に使わず投稿者に許可を得て下さい。

他にも、新幹線内の走行音、雨の音、風の音、川の音なども環境音としてお勧めです。

もちろん、これらも音量を極限まで下げて、意識をしないと聞き取れないレベルが最適です。

歌詞の無い音楽

あまりオススメはしませんが、どうしても音楽を聴きたい場合は、歌詞の無い音楽がオススメです。

ただし、歌詞のある音楽のメロディーを聴く場合には注意が必要です。

理由は、頭の中で歌詞を思い出してしまい、脳へ負担をかける事に繋がるからです。

何だったら、普通に音楽を聴くよりもNGかもしれません。

なので、クラッシックなどの歌詞のない音楽がお勧めです。

もちろんですが、こちらも音量を極限まで下げて聞こえないぐらいにする必要があります。

完全な無音が一番理想

静かすぎる環境で居心地が悪いと感じてしまう理由は、不定期に聞こえる音が気になってしまうからです。

例えば、体から出る音・椅子に少し動かした音・咳やくしゃみなどなど。

これらの不定期な音が気になり、居心地の悪さを感じてしまいます。

なので、完全な無音にする事が出来れば一番集中できると言う事です。

しかし、完全な無音などこの世界に作る事は出来ません。

そこで、使うのが耳栓です。

入ってくる音の7割近くをカットしてくれるので、ほぼ無音と言っても過言ではありません。

コミュニケーションが取りずらいと言う欠点はありますが、一人で作業の多い仕事であれば問題ないと思います。

少し高めですが、かなりお勧めの耳栓があるのでぜひ、無音の環境で仕事をしたい人は使ってみて下さい。

日本人向けデザイン耳栓 GR 耳栓 防音 安眠 睡眠 遮音値32dB めざまし いびき シリコン(2個セット)(S)(M)