コロナウイルスで会社が暇な時、社員には何をさせるべきなのか?

コロナウイルスの感染拡大を受けて、多くの企業では業務量が減り、暇を持て余している事も多いと思います。

一般的な企業であれば、営業活動の自粛・生産の調整などにより、かなり余裕のある働き方になっていると思います。

飲食店などについても、お客さんが来ず、店を開けていても暇な時間の方が多い状況でしょう。

ただ、この暇な時を暇して過ごしていては、会社は成長できません。

そこで今回は、どのような行動をするのがベストなのか考えてみました。

営業職の場合

訪問営業の自粛、企業予算の出し渋りにより、営業活動がまともに出来ない状態だと思います。

このような時期に、買ってくださいと直接的な営業をしても買ってくれるはずがありません。

なので、コロナウイルスの終息を迎えた時に、一番に選んでもらえる準備をする必要があります。

まずは、コロナウイルスに関する情報提供です。

自分の売る商品がコロナウイルスによって、どのような影響があるのか、また終息後はどのような事態が想定されるのか等、コロナウイルス関連の自社製品情報をメールやテレビ会議システムなどでお伝えしましょう。

この際ですから、YouTubeでセミナーを開くのもありかもしれませんね。

そのURLをメールに貼り付けて送れば、興味のある人は見てくれるはずです。

とにかく、直接的な売り込みは、今後の見通しが立たない現段階では不可能に近いです。

なので、情報提供を徹底しましょう。

内勤業務の場合

中小企業の多くはマーケティング部と言うものがなく、営業部が営業をして、受注をするのが基本だと思います。

なので、この暇な期間を利用して仕組みで売るマーケティングを確立しましょう。

それが出来るのが、総務部や経理部、事務、営業事務など内勤業務者です。

受注が減っていると言う事は内勤業務も大幅に減っているはずです。

具体的にどのようなマーケティング戦略を組み立てるかについては、本を読んでヒントを得て下さい。

ちなみに私がマーケティングを学んだ本は、以下の記事で紹介するたった2冊の本です。

飲食店の場合

飲食店の場合は、とにかく少しでもキャッシュを稼ぎたいと思いますので、常連客を呼ぶためにSNS等で発信してください。

3密の環境を防ぐことが出来れば飲食店の利用自体は、それほど問題ではありません。

その対策が出来ている事をしっかり、SNSで伝えれば、ある程度の常連さんであれば来てくれます。

具体的な対策としては以下のようなものがあります。

具体的な対策案

●3名以上での来店は不可

●入店前に検温実施

●入店前にアルコール消毒実施

●常に換気状態

●全スタッフマスク着用

●座席数の1/2で入場制限

他にも色々実施しているお店はありますが、基本的にはこのような事をやっている事を広報しましょう。

また、コロナウイルスが終息した後に、来店していただけるように、新メニューの開発も必要です。

やはり、人は新しい物が好きなので終息したタイミングで新メニューの発表は大きな宣伝効果になります。

製造業の場合

製造業の場合は、無駄に在庫を作るわけにもいかないので新事業の企画プレゼン大会をやってみるのもいいかもしれませんね。

この状況が半年も続くのあれば、新事業を立ち上げるぐらいの時間はあります。

もし、上手く行けば新たな儲けの柱になるかもしれません。

もちろん、製造業以外でも新事業のプレゼン大会を行い、社員のアイデアを活かせるチャンスと言えるでしょう。

実は製造業にかかわらずですが、職種をチェンジしたいと考えている人は大勢います。

なので、このような暇な時期に自分のやりたい事をプレゼンさせて、実現できるチャンスを与える事で、社員満足度は上がっていきます。

ぜひ、暇な時間を持て余しているのであれば、その時間を有効活用できる方法を探してみてください。