中小企業でリモートワークを実施する方法

コロナウイルスの感染拡大を受け、大手企業の多くはリモートワークや自宅待機が実施され、平日であっても街から多くの人が消えていきました。

しかし、中小企業の多くは自宅待機はもちろん、リモートワークすら出来ていない状況です。

明らかにパソコンと電話さえあれば問題ないと言う職業にも関わらず、出来ていないのですから大問題と言えるでしょう。

どうして、中小企業の多くはリモートワークが出来ないのでしょうか。

社長の考え方が古い

結論を言ってしまいますと、社長の考え方に問題があります。

大手企業の場合は、アイデアを出す人や部署が複数あり、このような災害級の状況においては企業イメージ維持のために、社員の安全を最優先した選択を取ります。

しかし、中小企業の場合は、アイデアを出すのは基本社長だけで、社長にリモートワークの考えが無ければ、そもそも検討にも入らないのです。

また、検討に入ったとして、社長がOKを言わなければ実現する事はありません。

つまり、社員の安全よりも利益を優先してしまう社長が多いので、いつまで経ってもリモートワークが実現しないのです。

どうすれば、中小企業でもリモートワークを実現できるのか?

感染拡大を防ぐためには、一社でも多くの企業が出勤を停止し、リモートワークまたは、自宅待機にする必要があります。

しかし、ワンマン社長の多い中小企業で社長を説得するのは至難の業でしょう。

そこで、使えるのが第三者の情報です。

社員がリモートワークを実施したいと言っても、サボりたいだけと思われてしまい、中々OKを出してくれないと思います。

しかし、ライバル社や協力企業は既にリモートワークを実施していると言えば、話が変わってきます。

やはり、社長と言うのは見栄を張りたい生き物ですから、他社から遅れをとってしまうと、悔しいようです。

なので、その心理を利用して、他社企業の情報を集め、説得に試みましょう。

リモートワークの方が業績が伸びる

リモートワークにすると、業績が落ちると思っている社長も多いようですが、実は逆です。

リモートワークをする事により、社員のモチベーションが上がり、会社の業績も上向きになりやすいです。

どうしても、「社員がサボっているのでは?」と思う気持ちは分かります。

しかし、「サボっている=仕事が進まない」と言う事なので、後で成果を見れば一目瞭然です。

もっというと、コロナウイルスにより受注件数が落ちている企業がほとんどだと思うので、会社にいても結局サボっています。

だったら、せめてこの期間ぐらいは利益の事を考えず、社員の命と、社会の安全を守る方が有意義な行動なのかと思います。

リモートワークに向けて準備する物

リモートワークをするにあたって準備する物は、仕事内容によっても異なりますが基本的にパソコンだけです。

普段、会社でノートパソコンを使っているのであれば、それを持ち帰るだけでOKです。

もちろん、セキュリティ-が厳しい場合は、対策ソフトなどを入れて対応しなければなりませんが、中小企業の多くは、そこまでセキュリティー対策に力を入れていない事でしょう。

もし、デスクトップパソコンを使っているのであれば、自宅のパソコンから会社のパソコンにアクセスするのが手っ取り早いです。

Googlechromeの機能を使えば、リモートコントロールが出来るのでぜひ、試してください。

https://support.google.com/chrome/answer/1649523?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja

あとは、決断をするだけ

もし、この記事を読んでいるのが社長さんであれば、とにかく早く決断をしてください。

この先、どのような状況になるか分かりませんが、感染拡大がしばらく止まらないのは確かです。

このままでは、本当に社員の命や、社員の家族の命を奪ってしまうかもしれません。

なので、リモートワークに反対であっても、今だけは決断をしてください。

もし、それで結果が出なければ、終息後にリモートワークを廃止すればいいだけの話です。

ぜひ、検討ではなく、ご決断ください。