テレワークのメリットとは?

コロナウイルスへの感染リスク軽減のために、テレワークを実施する企業が増えてきました。

しかし、テレワークにすると「効率が下がる」、「さぼる人がいる」などネガティブな考えが先行して、実施できない企業も多くあります。

特に中小企業では、ほとんどがテレワークを実施出来ていません。

しかし、中小企業こそ、テレワークを実施し、なんだったらコロナウイルスに関係なくテレワークを推し進めないと行けません。

作業効率は上がる

テレワークをする事で作業効率が下がるのでは?と懸念されている経営者も多いようですが、結論から言うとい作業効率は間違いなく上がります。

その理由は、作業の邪魔がなくなるからです。

会社で作業をすると、上司や同僚に話しかけられたり、電話が鳴ったりと、作業をストップしなければならない場面が多数あります。

それに比べて、自宅やカフェでの作業は、そのような事が極めて少ないと言えるでしょう。

さらに言うと、オフィスというのは集中出来ているようで、実は集中できない環境になっています。

言われてみれば、当たり前かもしれませんが上司の目があるのですから、あんな場所で集中できるはずがありませんよね。

なので、一人で作業をする方が圧倒的に効率がいいのです。

さぼる人は一定数いる

多くの経営者は、従業員を信用していないのでサボってしまうのではと懸念しています。

確かに、テレワークにする事でさぼる人は一定数います。

しかし、それはオフィスでも同じです。

集団で行動をしている以上は、さぼる人が混じってしまうのは仕方ありません。

しかし、さぼると言っても、経営者が懸念しているほど、明から様にさぼる人は滅多にいません。

頼まれた仕事は普通にこなしてくるでしょうし、連絡がつかず寝ているなんて事もほとんどないでしょう。

普通に考えたら、仕事をしないと解雇にならなくても、評価が下がりますからね。

もっと言うと、仕事態度などの評価基準が無くなり、完全に数字だけの評価になるので、数字を残すために必死になる人が増えると思います。

導入コストが高い

テレワークをするにあたって、少なくともセキュリティー面の導入コストが必要です。

しかし、オフィスの家賃などを減らせば、このコストは問題なく回収できます。

なので、コストを理由にテレワークを批判するのはナンセンスです。

と言うより、テレワークにしたほうが交通費なども節約でき、会社にとってはメリットでしかありません。

社員に電気代や通信代を払ったとしてもコストの削減になるので、ぜひ実施してください。

ただし、中途半端にテレワークを実施するのは、コストの増加につながります。

なので、やるのであればテレワークを徹底して、出社するのは月1回ぐらいみたいな感じでやらないと失敗します。

コミュニケーションは無くならない

社員同士のコミュニケーションが無くなってしまうのでは?との懸念もありますが、テレビ電話などの技術が進んでいるので問題ありません。

なんだったら、コミュニケーションが最低限である方が、ストレスなく仕事ができます。

もし、コミュニケーションについて不安があるのであれば、月1回の食事会などを実施しても良いかもしれませんね。

テレワークで普段、会わないのであれば、月1回の食事会ぐらいはストレスなく参加できる社員がほとんどだと思います。

以上のことからテレワークは、実施すべきです。

もちろん、サービス業などできない職種は別ですが、オフィスワークの99%はテレワークが可能です。

新しい働き方を率先して取り入れる事により、採用活動にも活きてきます。

古い考えは捨て、新しい事にチャレンジできる企業が残っていくと思うので、不安要素も多いと思いますがぜひ実施してみてください。