優秀な人材を採用したい時に求人票に書くべき事とは?

優秀な人材は何に注目して会社を選び、転職活動をしていると思いますか?

実は、優秀な人材ほど給料や休日には注目せずに会社選びをしている事がわかりました。

つまり、これさえ分かっていれば、優秀な人材を採用しやすくなります。

ポイントをまとめましたのでご覧ください。

会社のビジョン

優秀な人材ほど、会社のビジョンに注目しています。

ビジョンとは、どのような発展を遂げたいのか、どのように成長していたいかを明確にする事です。

ここで、有名企業のビジョンを見ていきましょう。

Google

1クリックで世界の情報へアクセス可能にする

Apple

普通の人々にコンピューターを届ける

Amazon

地球上で最もお客様を大切にする企業であること、お客様がオンラインで求めるあらゆるものを探して発掘し、出来る限り低価格でご提供するよう努めること

Facebook

人々はFacebookを使って友達や家族とのつながりを保ち、世界で何が起こっているのかを発見し、彼らにとって重要なことを共有し表現する

どの企業も単純でわかりやすいのが特徴です。

しかし、日本企業のビジョンは分かりにくいというか、自信がなさげというか、曖昧にぼかしている場合がほとんどです。

さらに、ビジョンがないという企業も少なくありません。

やはり、優秀な人は企業がどの方向に向かって走っているのか、その方向に向かう上で自分にできる事は何なのかを考えます。

なので、優秀な人を採用したいのであれば、明確でシンプルなビジョンを作りましょう。

事業戦略

事業戦略とはビジョンを実現化するための具体案です。

Googleであれば検索機能を高めていく事ですし、Appleであれば誰もが迷わず使えるコンピューターを作る事です。

いくら、ビジョンが良くても戦略がめちゃくちゃでは、優秀な人間はやってきません。

もちろん、詳細な戦略をオープンにする必要はありませんが、大まかな戦略はオープンにするべきです。

そうする事で、優秀な人が採用できる上に、顧客への理解も深まります。

社会貢献度

最後は企業の与えている社会貢献度です。

事業によってどのような社会貢献が出来ているかを明確にしていきましょう。

ここで言う、社会貢献とは本業とは関係ない木を植えてみたり、学校を作ってみたりする事ではありません。

あくまでも、本業を通してどれだけ社会に貢献できているかです。

Googleであれば検索サービスを通して、社会に正しい情報を早く提供しています。

せっかく、事業をやっているのにお金儲けの事しか考えない企業は残念ながら優秀な人間は集まりません。

優秀な人ほど、お金に執着せず、自分のやっている事の価値を高めたいと考えるのものです。

ぜひ、今のビジョンや事業戦略を見直して、どうすれば社会貢献度を高められるかを考えてみてください。

とは言っても給与も大事

優秀な人材を採用するには、上記の事にプラスして給与も大事です。

当たり前ですが、優秀な人が月給20万円で働くはずがありませんよね。

これらの考えを持ち、しっかりと会社に貢献してくれる人材を採用するためには少なくとも年収800万円は必要です。

正直、これでも少ないぐらいですが日本の雇用制度を考えると少なくなってしまうのは仕方ありません。

ちなみに、とりあえず人間を採用したいのであれば、休日・給与・オフィス環境を他社より少し良くすれば集まります。

具体的な求人の作成で迷った時はお問い合わせよりご相談ください。