人が辞めていく「マイクロマネジメント」とは?

マイクロマネジメントと言う言葉を聞いた事がありますか?

これは決して褒められた言葉ではなく、組織を壊すマネジメントと言われています。

では、具体的にどのようなマネジメントを「マイクロマネジメント」と言うのでしょうか。

意外と知らないうちにマイクロマネジメントをしてしまっている人も多くいるので簡単に解説していきたいと思います。

マイクロマネジメントとは?

マイクロマネジメントとは、一言でいうと過干渉です。

とにかく、部下のやる事をすべて干渉して、なんでもかんでも報告させたり、威圧的になったりします。

管理するうえで干渉する事は必要だと思われがちですが、実際は組織を崩壊させると言われています。

言ってしまえば、部下のやる事を信用出来ていないわけですから当たり前ですよね。

そんな上司についていきたいと思う部下は誰もいません。

では、どんな行動がマイクロマネジメントに当たるのでしょうか。

マイクロマネジメントの具体例

  • 頻繁に業務連絡・報告を求める
  • ミスをとことん追求する
  • メールでCCに入れるよう強要する
  • 目標達成の重圧をかける
  • 固定概念を持っている
  • 部下は従うものだと思ている

これらに当てはまる人は、知らずのうちにマイクロマネジメントを実行している可能性が高いです。

マイクロマネジメントを続けた結果、部下が全員辞めたと言う無能な上司も存在します。

一つでも当てはまるのであれば、今すぐ止めるようにしましょう。

どうすればマイクロマネジメントを止められるのか

止めろと言われても、部下を100%信用できないし、まだまだそこまでのスキルが部下に無い場合もありますよね。

しかし、残念ながらスキルが無いのはアナタの方です。

上司のスキルが無いせいで、マイクロマネジメントを実行してしまっているのです。

では、どうすればマイクロマネジメントを止められるのか見ていきましょう。

  • 全体の方向性だけを伝える
  • 報告・連絡は多くても1日1回まで(もっと少なくてもOK)
  • 途中で口出ししない
  • 人間は失敗する事を知る

たったこれだけです。

こう考えると上司の仕事って少ないですね。

でも、それでいいんです。

少なくなら、上司も実務をすればいいのです。

マネジメントをしようとするから、失敗するのであって、普通に一人の同僚として接すれば、マイクロマネジメントにはなりません。

もちろん、最終的に責任を取るのは上司ですが仕事が少ないのだから当たり前ですよね。

言ってしまえば、上司と言うのは遊軍のようなものです。

人手が足りないところに応援に行くのが上司の仕事です。

決して、全体を把握して操作してやろうなんて馬鹿な考えはもたないようにしてください。

そうすれば、マイクロマネジメントは治ります。

離職率が高い部署はマイクロマネジメントを疑う

明らかに同業他社と比べて離職率が高い場合はマイクロマネジメントを疑ってください。

自分がやっていなくても、自分の部下がその下の部下にやっている可能性もあります。

冗談抜きで本当に組織を崩壊し、会社を潰すのでそんなマネジメントを実行している奴がいれば、すぐに降格させてください。

そうすれば、離職率が大幅に改善するはずです。